練馬区聴覚障害者協会・手話サークル練馬こぶし会

      合同阿波踊りグループ 

           今年で発足30年目になります

☆出演イベント☆

ありがとうございました♪


 

 

 

 

 

 

 

だいこん連とは?


阿波踊りを通して、聴覚障害に対する理解を深め、

手話を社会に広めていきたいという

練馬区聴覚障害者協会会員の強い思いから

こぶし会の協力のもと、1986年8月に発足いたしました。


太鼓の響きを身体で感じ、仲間の肩や足元を見てリズムを合わせ、

目と手で合図を送り踊っています。

親子2代の連員が多く、親子孫3代の連員もいる、とてもアットホームな連です。

得意のアイコンタクトでぴたりと決めます。

弾ける笑顔と息の合った力強い踊りを是非ご覧下さい。

ご声援よろしくお願いいたします。




お問い合わせ先

だいこん連